Encoreのメニュー画面を元にPhotoshopで編集 – DVD・Blu-rayオーサリング(作成)by動画編集スクール FURWA

DVD作成-Photoshopで編集したメニューをEncoreでプレビューし確認 DVD Blu-ray ディスク
DVD作成-Photoshopで編集したメニューをEncoreでプレビューし確認

DVD・Blu-rayディスク オーサリング(作成)ソフトである、Adobe社が提供するEncore CS6の操作法のご紹介。
(以前に開催していた、動画編集スクール FURWAでの【DVDオーサリング講座】の授業内容の一部です)

※Encoreは現在、Adobe のサポートが終了しているディスク作成ソフトです
動画編集スクール FURWAでの【DVDオーサリング講座】や操作法のサポートは終了しております

初心者(未経験)からの動画編集スクールFURWA(ふぅわ)
初心者(未経験)からの動画編集スクールFURWA(ふぅわ)

動画編集スクールFURWAでは、受講生に快適にご予約いただけるように人数制限があります。
 完成したい動画の締切日がある方や早く完成させたい方は3ヶ月以上前にはご連絡ください。
(受講期間が3カ月以上取れない場合は早急にご連絡ください・・・動画締切日45日未満から受講料値上がり)
 なお、締切りまでに動画が完成しない可能性がある場合は、受講をお断りすることがあるのでご了承ください。

Step5 EncoreのメニューをPhotoshop で編集

プロジェクトを作成する中で、メニューの要素を変更する必要が生じる場合があります。
Encoreは、Photoshopを直接利用できるように設計されています。プロジェクトを開いたままPhotoshopに作業を移し、Encoreで作成したメニューも含め、任意のメニューを改良できます。Photoshopで変更を保存すると、その結果が Encore に自動的に反映されます。

※Photoshopを所有し、Photoshopの基本操作ができる人向けの情報です

使用ソフト:Adobe Encore CS6
Adobe Photoshop CS6

PhotoshopでDVD・Blu-rayやメニュー画面・ボタンの編集

〔プロジェクト〕パネルまたは〔メニュー〕パネルで、編集したいメニューを選択します。

EncoreとPhotoshopでメニュー画面の作成-メニューの選択

〔編集〕メニューの〔メニューをPhotoshopで編集〕をクリックするか、〔ツール〕パネルの〔メニューをPhotoshopで編集〕ボタンをクリックしてPhotoshop を起動します。

DVD作成Encoreでメニュー画面の作成-メニューをPhotoshopで編集

必要に応じて変更の操作を行い、Photoshopの〔ファイル〕メニューの〔保存〕をクリックします。
(Photoshopファイルがプロジェクトフォルダーに保存され、プロジェクトに読み込んだオリジナルのファイルは上書きされません)

DVD作成Encoreでメニュー画面の作成-メニューをPhotoshopで保存

動画編集スクールFURWAの体験レッスンに参加してみる

参考動画を見るだけで自分の作る動画がガラッと変わるワクワク動画編集体験

  • 受講料 2,200円(税込)当日入会で無料
  • 時間 約90分(延長しても追加の料金無し)
  • 授業内容 あなたが撮影した映像で、カット編集や効果のつけ方、文字の入れ方まで動画編集をひと通りを体験

※強引な勧誘や、体験レッスン終了後の入会していない方への連絡は一切しておりません
 (無理に勧誘した場合、満足度の高い動画が作れない可能性が高いのため)
※体験レッスンは、日曜日以外、毎日受講可能
※受講期間が3カ月以上取れない場合は早急にご連絡ください

動画編集スクールFURWA(ふぅわ)は、未経験や独学では難しく、時間がかかる動画編集でも、お望みの題材(YouTube動画や仕事の映像、プライベートビデオなど)の制作で、楽しみながら動画編集の基本操作(スキル)+ あなた好みの映像に仕上げるためのノウハウやアイディアを、マンツーマン(プライベートレッスン)で映像クリエイターが直接伝授する、動画編集未経験者からの教室です。

レッスンの特長:丸暗記NG!動画編集のコツをつかんで、自分好みに楽しく応用(わからないところは何度でも気軽に質問OK)

動画編集体験レッスンのご案内
動画編集体験レッスンのご案内
動画編集体験レッスン(Web予約)
動画編集体験レッスン(Web予約)

PhotoshopでDVD・Blu-rayのメニュー画面の背景を変更

Encoreで、〔メニューをPhotoshopで編集〕をクリック後、Photoshopの〔ファイル〕メニューから〔開く〕で、背景にしたい静止画を開き、静止画のファイル名のタブを斜めにドラッグして、独立させます。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-背景の追加

メニューファイルの〔レイヤー〕パネルで一番下に配置されている〔Background〕レイヤーをクリックして選択状態にし、画像をドラッグ&ドロップで合成するために、両方の画像のウィンドウが見えるように並べておきます。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-Backgroundを選択

背景画像にしたいファイルをクリックしてアクティブな状態にしてから、〔レイヤー〕パネルの合成したい画像レイヤーをドラッグし、メニューファイルにドロップします。
(Shiftキーを押しながらドラッグすると真中に配置されます。)

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-背景の追加

〔レイヤー〕パネルから、背景にしたいファイルと置き換えたいファイルをShiftキーを押しながら選択し、〔レイヤー〕メニューから〔レイヤーを結合〕をクリックして、1つのレイヤーにします。なお、結合後レイヤー名は、ロックされているレイヤーの名が、適応されます。
(ショートカット Ctrl + E)

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-背景レイヤーを結合

PhotoshopでDVD・Blu-rayのメニュー画面のサムネイルの変更

Encoreで、〔メニューをPhotoshopで編集〕をクリック後、Photoshopの〔ファイル〕メニューから〔開く〕で、サブピクチャにしたい静止画を開いておき、静止画のファイル名のタブを斜めにドラッグして、独立させます。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャにしたい静止画を開く

画像をドラッグ&ドロップで合成するために、両方の画像のウィンドウが見えるように並べておきます。合成したい画像をクリックしてアクティブな状態にしてから、〔レイヤー〕パネルの合成したい画像レイヤーをドラッグし、メニューファイルにドロップします。
(Shiftキーを押しながらドラッグすると真中に配置されます。)

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャ画像の追加

〔編集〕メニューから〔自由変形〕をクリックして、画像の大きさと位置を整えます。
(ショートカット Ctrl + T)

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャの大きさを自由変形で調整

〔レイヤー〕パネルで、分かりやすいように置き換えるファイルの下に置き換えたいファイルをドラッグして配置し、置き換えるファイルの〔レイヤーの表示/非表示〕をクリックして、目のマークを消します。なお、効果(〔ベクトルマスク〕や〔レイヤー効果〕など)をそのまま使用したい場合には、ドラッグして仮に別のファイルに移動させておくと便利です。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャの順番変更

〔レイヤー〕パネルから、置き換えるファイルと置き換えたいファイルをShiftキーを押しながら選択し、〔レイヤー〕メニューから〔レイヤーを結合〕をクリックして、1つのレイヤーにします。なお、結合後レイヤー名は通常、上に配置されているレイヤーの名が適応されます。
 (ショートカット Ctrl + E)

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャのレイヤーを結合

先ほど移動させておいた効果(〔ベクトルマスク〕や〔レイヤー効果など)をドラッグして、結合したレイヤーに適用させ、レイヤー名の(%)を削除します。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-サブピクチャのレイヤー名を変更

〔ファイル〕メニューから〔保存〕をクリックします。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-変更を保存

Encoreに戻ると、〔Photoshopで編集中の…〕というメッセージが表示されるので、〔OK〕ボタンをクリックすると、変更したメニューデザインが表示されます。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-変更したメニューデザインを表示
Point

Photoshopでのメニューの作成の注意点

  • ボタンはサイズテレビに確実に表示されるように、最低でも70×60ピクセルサイズのボタンを作成します。
  • ボタン数標準(縦横比 4:3)のメニューには最大36個、ワイドスクリーン(縦横比 16:9)のメニューには最大18個のボタンを含めることができます。
  • グラフィック要素は可能な限り、ビットマップではなくベクトルシェイプとマスクを使用します。これらの要素は拡大しても品質が低下しません。
  • RGB カラーを使用して画像を作成します。CMYK 画像は、Encore に読み込む前に RGB に変換しないと読み込めません。
  • 水平線3ピクセル以上の線を設定します。線が3ピクセルより細いとテレビの画面でちらつきます。
  • フォントサイズは視聴者がタイトルやボタンのテキストを読みやすいように、20 ポイント以上のフォントサイズを使用します。

Illustratorで作成したオブジェクトをサブピクチャにする

ボタンのサブピクチャを使用すると、リモコンやマウスを使用してボタンを選択するかアクティブにしたときに、ボタンのアピアランスを変化させることができます。

サブピクチャを変更するには、llustratorのサブピクチャにしたいオブジェクトのファイルを開き、〔ツール〕パネルから〔選択ツール〕をクリックして、オブジェクトを選択後、〔編集〕メニューから〔コピー〕をクリックします。

DVD作成-Encoreメニューにllustratorのサブピクチャにしたいオブジェクトを追加

Photoshopにもどり、〔編集〕メニューから〔ペースト〕をクリックし、〔ペースト〕メニューから〔スマートオブジェクト〕を選び、〔OK〕ボタンをクリックします。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-llustratorのオブジェクトをペースト

レイヤーにあるオブジェクトの真中にペーストしたオブジェクトを配置したい場合には、参考にするオブジェクトをCtrlキーを押して選択範囲を表示し、〔ツール〕パネルから〔移動ツール〕をクリックして、オプションバーの〔垂直方向中央揃え〕と〔水平方向中央揃え〕ボタンをクリックします。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-llustratorのオブジェクトの位置調整

〔レイヤー〕パネルで、Encoreでボタンサブピクチャと認識するように、レイヤー名を〔(=2)highlight〕と変更します。なお、ボタンサブピクチャは、単色のカラー画像になります。カラーを変更して表示させたい場合は、レイヤー名のプレフィックスの数字を変えます。

DVD作成-メニューをPhotoshopで編集-llustratorのオブジェクトのレイヤー名変更
Point

メニューのレイヤー名プレフィックス
Photoshop で作成したメニューの要素が Encore で認識されるようにするには、定義済みのプレフィックスをレイヤー名に追加する必要があります。このプレフィックスにより、レイヤーをボタンセット、ビデオサムネール、置換レイヤーおよびボタンサブピクチャとして識別します。これにより、プロジェクトですぐに使用できる最終的なメニューを読み込むことができます。また、読み込んだ要素を、Encoreで操作および変更することもできます。

メニュー項目Photoshop要素レイヤー名の
プレフィックス
ボタン名ボタン要素を含むレイヤーセット(+)(+) デイジーボタン
チャプターボタンチャプターインデックスが作成されたときに、タイムラインまたはスライドショーのチャプターにリンクするレイヤーセット(+#)(+#)第 1 章
次へボタンチャプターインデックスが作成されたときに、次のサブメニューにリンクするレイヤーセット(+>)(+>)次へ
前へボタンチャプターインデックスが作成されたときに、前のサブメニューにリンクするレイヤーセット(+<)(+<)前へ
メインボタンチャプターインデックスが作成されたときに、メインメニューにリンクするレイヤーセット(+^)(+^)メインメニュー
ボタンのテキストボタンレイヤーセット内のテキストレイヤーデイジーボタン
ボタンの画像ボタンレイヤーセット内の画像レイヤーデイジー画像
ボタンのサブピクチャ(オプション)単色のカラー画像レイヤー。各レイヤーは、3 つのカラーで構成されるボタンサブピクチャの 1 つのカラーを表す(=1)
(=2)
(=3)
(=1) テキストハイライト
(=2) デイジーアウトライン
(=3) チェックマーク
ビデオサムネール(オプション)ビデオ用のプレースホルダーとして使用される、レイヤーセット内の画像レイヤー(%)(%) デイジーサムネール
置換レイヤー画像のドロップゾーンとして機能するレイヤー(!)(!)デイジー画像
他のデザイン要素またはテキスト独立のレイヤー夏の花
メニューのレイヤー名プレフィックス一覧
メニューのレイヤー名プレフィックス例
動画編集体験レッスンのご案内
ビデオ編集講座のご案内

メニューデザインのプレビュー

確認したいデザインのメニューをプレビュー

メニューデザインがきちんと表示されるか確認するには、〔メニュー〕パネルに、確認したいデザインのメニューを表示して、右クリック後、〔ここからプレビューする〕をクリックします。

DVD作成-Photoshopで編集したメニューをEncoreでプレビュー

〔プロジェクトプレビュー〕画面が立ち上がるので、マウスを近づけたときに指定したデザインに変更できているかなどを確認します。

DVD作成-Photoshopで編集したメニューをEncoreでプレビューし確認

DVDやBlu-rayディスク作成ソフトEncoreの使い方

動画編集スクールFURWAの体験レッスンに参加してみる

参考動画を見るだけで自分の作る動画がガラッと変わるワクワク動画編集体験

  • 受講料 2,200円(税込)当日入会で無料
  • 時間 約90分(延長しても追加の料金無し)
  • 授業内容 あなたが撮影した映像で、カット編集や効果のつけ方、文字の入れ方まで動画編集をひと通りを体験

※強引な勧誘や、体験レッスン終了後の入会していない方への連絡は一切しておりません
 (無理に勧誘した場合、満足度の高い動画が作れない可能性が高いのため)
※体験レッスンは、日曜日以外、毎日受講可能
※受講期間が3カ月以上取れない場合は早急にお問い合わせください

動画編集スクールFURWA(ふぅわ)は、あなたのご要望にマッチした映像に仕上げるためのノウハウやアイディアを、映像クリエイターが直接伝授する、動画編集未経験者からの教室です。

レッスンの特長:丸暗記NG!動画編集のコツをつかんで、自分好みに楽しく応用(わからないところは何度でも気軽に質問OK)

コメント

タイトルとURLをコピーしました